酸化だけでなく糖化にも注意!

酸化だけでなく糖化にも注意!

老化を加速させる原因といえば、「酸化」が有名ですね。

 

活性酸素が元で、それが増加すると、正常な細胞まで酸化させて傷つけてしまいます。

 

「酸化」と同じく、気を付けたいのが「糖化」です。酸化にばかり気をとられて抗酸化を徹底しても、落とし穴のように糖化から老化が加速することがあります。

 

糖化とは、体内のタンパク質と糖が結びついた状態のことです。

 

糖化が起こると、血管の流れが悪くなってしまいます。この結果、くすみなど、肌の老化の原因になります。しかも、一度糖化が起こると、取り除けません。

 

ですが、「抗酸化」と同じく、「抗糖化」で対策することはできます。

 

糖化を防げると、体の老化の進行を遅らせ、健康においても老化予防につながります。

 

抗糖化の方法ですが、食事の改善と運動がポイントになります。

 

糖化は余分な糖が原因になるため、糖質を制限することが第一になります。ただ、糖は脳の働きなどに必要不可欠であるため、適度に摂るようにしましょう。現代人は摂り過ぎている傾向にあるので、なるべく糖質を抑えたり、間食を控えるなどの工夫をしてください。

 

甘いものが欲しくなったときは、オリゴ糖などすぐエネルギーに変わりやすい糖を補給しましょう。

 

また、

糖を溜めこまないためにビタミンB1がおすすめです。豆類に含まれるビタミンB1には、糖を代謝する働きがあるので、糖と一緒に摂ることで、過剰摂取対策になります。

 

次に運動ですが、ハードな運動を行う必要はありません。

 

軽いウォーキングがおすすめです。1日30分を目安に運動を続けることによって、糖を消費することができます。

 

酸化を防げるように、糖化も生活次第で防げます。抗酸化だけでなく、これからは抗糖化も意識してみてください。