脳の老化を防ぐ!記憶力アップの方法

脳の老化を防ぐ!記憶力アップの方法

加齢によって衰えを感じている部分といえば、肌や関節、そして脳ではないでしょうか?

 

「最近、物忘れが激しくなった…」「忘れっぽくなって、年を感じる」

 


このような、脳の老化も予防することができます。

 

どうしても加齢とともに脳の機能も低下してしまうので、忘れっぽくなります。

 

ただ、脳を活性化させたり、記憶力を高める対策を施すことによって、記憶力の低下を防げます。

 

記憶力には短期記憶と長期記憶といった種類がありますが、加齢によって忘れっぽくなったと感じるときには、記憶力を高めるコツがあります。

 

覚えたいこと+感情」や「反復」がポイントになります。

 

これまでの記憶を思い返してみると、覚えていることに、感情が付いてきていませんか?

 

  • いやな出来事と、当時イラついた感情」
  • 楽しかった出来事と、幸せだった感情」

 

など。

 

このように、覚えていることと感情は結びついているため、これから、覚えたいことも感情を結びつけることで記憶しやすくなります。

 

たとえば、楽しいことなら嬉しい感情を声に出して言ったり、いやなことはツラい感情を声にあらわします。よく五感と言いますが、すべてを用いて、記憶することで、覚えることがスムーズにできます。

 

また、反復もポイントになります。

 

脳内で何度も繰り返すことも脳が働くことになりますが、口に出すことも重要です。脳と声、料率で何度も反復を繰り返すと記憶しやすくなります。

 

栄養補給の面でも脳の老化を防ぎ記憶力を高めることができます。DHAなどを摂ることで、脳の記憶力維持になります。