老化対策の運動習慣!どのような運動が効く?

老化対策の運動習慣!どのような運動が効く?

老化を防ぐためには生活習慣を整えることが大切です。

 

生活習慣というのは、十分な睡眠をとることや食生活を整えることも大切になりますが、運動も欠かせません。

 

運動と言っても、ハードな運動ではないので、苦手な人でも安心してください。

 

むしろ、ハードな運動は体に負担をかけてしまうので気を付けてください。

 

一番おすすめの運動法は「ウォーキング」です。

 

ウォーキングは有酸素運動で全身運動です。脂肪燃焼にもよく、ダイエットや健康にも効果的な運動法です。

 

なにより、老化対策において大切なホルモンの分泌が盛んになります。ウォーキングすることで成長ホルモンが分泌されるため、若々しさに良い運動法とされています。

 

ウォーキングのコツとしては、1日30分以上続けるようにすること、食後1時間後が理想的なタイミングです。

 

歩き方としては、姿勢を意識して、歩幅はなるべく大きく、軽く息切れする程度がおすすめです。

 

老化対策の運動習慣!どのような運動が効く?

 

外でウォーキングする時間がない、外で運動するのは恥ずかしいという方でも、自宅でできる運動法があります。

 

ウォーキングと同様に、成長ホルモンの分泌を促す簡単な運動法は「スクワット」です。

 

スクワットのコツは姿勢と呼吸法です。
  1. 背すじを伸ばして、足は肩幅に開いて立ち、そこから息を吸いながら足を曲げます。
  2. 90℃まで曲げたら一度姿勢をとめて、次に息を吐きながら姿勢を戻します。
  3. この一連の流れを、呼吸を意識しながらゆっくり行うことがコツです。
  4. スロースクワットは膝にかかる負担をやわらげたり、より効果を高められます。
「お尻歩き」という運動法もおすすめです。
  1. 座った状態で、足をまっすぐにのばして片方の膝を曲げ、お尻を前に出すように両手を使って動きます。
  2. これを繰り返し行うことで、成長ホルモンが分泌され、またインナーマッスルの強化にもなります。