老化を防ぐためには睡眠が大切!

老化を防ぐためには睡眠が大切!

人生の3分の1は睡眠とされています。それほど、生命活動にとって、睡眠は欠かせない習慣です。

 

若いうちは徹夜しても問題なく体が動いたとしても、それは体に良いことではありません。

 

睡眠不足が続くことが、老化を加速させる原因にもなります。

 

しかし、現在は多くの方が睡眠不足の状態にあります。

 

家事や仕事が忙しく、寝る時間が限られている社会になっています。

 

人は寝ている間にホルモンの分泌が盛んになり、とくに若々しさに関わる成長ホルモンの分泌が活性化するので、睡眠不足になると老化が加速しやすくなります。

 

ただ、老化を防ぐために睡眠が欠かせないとはいえ、休日に12時間以上まとめて寝るなどの睡眠は、意味がありません。

 

若々しさをキープするためには、十分な睡眠時間を毎日確保し、良質な睡眠をとることが大切です。

まず、十分な睡眠時間というのは個人差がありますが、7時間が理想的とされています。

 

ちなみに過去に行われた研究によると。死亡率に関しても6.5〜7.5時間の睡眠をとっている人の方が低いとされています。このように長生きに関しても睡眠時間が関わっています。

 

ただここでは、老化を防ぐことをコンセプトにお話しします。

 

理想的な睡眠時間(7時間)を確保したといっても、寝る時間も重要です。

 

若返りのためには夜10時には寝ているのが理想的です。夜10時〜深夜2時にかけて成長ホルモンの分泌が盛んになるからです。この時間に寝ているとホルモンバランスも整い、さらに肌の修復なども行われます。

 

また、決まった時間に寝て、決まった時間に起きることも大切です。これで生活リズムが整うと、体の調子が良くなります。

 

また、睡眠を良質にすることも重要になります。ただ長く寝ているのと、短時間でも質の良い睡眠では違いがあります。

 

良質な睡眠をとるためには寝具が体に合っていることの他に、寝るときの環境や体をリラックス状態にすることが大切です。

 

寝る前にはテレビやパソコンは控えて、リラックス状態になると、睡眠に入りやすくなります。