ホルモンバランスを正常化して老化を防ぐ!

ホルモンバランスを正常化して老化を防ぐ!

ホルモンバランスが悪い状態は、体によくありません。肌荒れなど、肌トラブルの元にもなります。

 

老化を防ぐためには、ホルモンバランスを正常に整えることが大切です。

 

女性ホルモンもそうですが、成長ホルモンなど、体内には100種以上のホルモンがあり、それらのホルモンをバランスよく保つことがポイントです。

 

正常なホルモンバランスを維持できると、ターンオーバーも整うため、見た目年齢も若々しくなり、さらに血糖値や骨にも関わるので体の若々しさにもつながります。

 

ホルモンバランスを整えるためには、基本は

食生活」と「睡眠

にポイントがあります。

 

そもそも人は食事をとる「食欲」は、ホルモンでコントロールされています。

 

レプチンとグレリンというホルモンが関係していて、それぞれのバランスが保たれていることで、適切な食欲になります。しかしアンバランスになると、過食または拒食になってしまいます。

 

このホルモンバランスを整えるには、腹八分目を意識して、食事はよく噛んで食べることがコツです。早食いは身体にも良くありませんので、20分以上かけて食事をとるようにしましょう。

 

睡眠ですが、

長ホルモンなどは寝ている間に分泌が盛んになります。

 

とくに活性化されるのが、夜10時から深夜2時の4時間です。この間をゴールデンタイムと呼び、美容のためにもしっかり睡眠をとりましょう。また、睡眠時間は7時間がベストです。

 

また、趣味を堪能したり好きなことにも没頭するのも、ホルモンバランスを整えるために良い方法です。

 

楽しんでいると、ドーパミンやアドレナリンなどが分泌され、脳を活性化して感情や精神にも良い影響を与えることができます。いわゆる、感情老化対策にもなります。